ゲームグラフィック制作事業

graph

ゲーム開発や運営時のグラフィックの安定的かつ定常的な生産ラインの確保は大きな課題となっております。スマホ向けゲームバブルによって、多くのグラフィック制作会社が誕生しましたが、きちんと納品まで責任を持って対応できる「当たり前」の会社は非常に少ない状況です。昨今では、ゲームグラフィックに求める仕様やクオリティは複雑化かつコンシューマレベルに達しており、より高度なスキルやスケジュール管理能力が問われるようになりました。

当社は、中国、韓国、タイ、ベトナム、マレーシア、フィリピンの提携先企業にてゲームグラフィックの制作を承っており様々な案件、テイストに対応可能です。QCおよび進行管理は日本サイドにて行いますので国内制作会社と同様な取り組みが可能です。所属クリエイターは、国内外のコンシューマゲーム/スマートフォン向けゲームアプリにて多数の実績がございます。特に最近の国内案件では従来のカードイラストに加え、乙女ゲームのイラスト制作やspineアニメーション、3Dグラフィックのご依頼が増加傾向です。昨今日本では需要の高いR18系イラストのご提供も可能です。

  • 2Dは、スマートフォンゲームやPCブラウザゲームを中心に、カードイラスト(キャラクター、モンスター)、ゲームキャラ(Spineでのアニメーション)、背景画像、マップ画像等の制作実績がございます。大型IPの取り扱い実績があります。
  • 3Dは、MAYA等を使用したキャラクターやアイテム、背景等のモデリングやモーションの制作が可能です。昨年からスマートフォン向けゲームでも3Dの需要が増加傾向です。
  • クオリティアップやコストダウンを目的とした、既存制作ラインのリプレイスにも柔軟に対応しております。

サンプルは下記にてご確認頂けます。(昨今非公開案件が多く、少々古い公開可能な一部案件のみなので参考にならないかもしれません。)

まずはお気軽にお問い合わせをお願いいたします。御社がが目指しているクオリティをお伝え頂けましたら、お見積り概算とあわせて参考となるポートフォリオをまとめさせて頂き提案させて頂きます。当社では昨今の制作会社にあるような、1枚目だけハイクオリティ、突然できませんと言うような状況はございません。国内と同等クオリティのグラフィック制作が安価で可能で多くの企業様から継続的な取引を行っております。

ハイクオリティなグラフィック制作ラインの確保は昨今のゲームビジネスでは必須となっております。ぜひ弊社にご機会を頂ければと思います。

 

return top